YouTubeも更新中!

ナスの揚げ浸しの作り方【材料3つのちょい足しレシピ】

今回はナスの揚げ浸し(煮浸し)の作り方をご紹介します。

材料はナス・油・めんつゆ(水)の3つだけで簡単にできます。おかずとして、おつまみとして一品加えたいときなどに役立つレシピになっていますので、ぜひ試してみて下さい。

 

ナスの揚げ浸しの作り方

1 材料(2~3人分)

・ナス 3本
・めんつゆ(3倍濃縮) 60cc
・水 200cc
・サラダ油 適量

 

2 作り方

① ナスを縦半分に切り、味が染みやすいよう切れ込みを入れる。(下記参照)

② 180度の油で、1分ほど焼き目が付く程度に揚げる。

③ めんつゆ・水を入れた鍋にナスを入れ、お好みの柔らかさに茹でれば完成!

 

3 youtubeの料理動画でご紹介

 

4 レシピのポイント

今回は、特に「油」を染み込ませることによって大変美味しくなるレシピです。しっかり油を吸わせた上でめんつゆで煮浸し、とろとろの食感に出来るようにしましょう。

 

まずはじめに、ナスの表面に切れ込みを入れます。

タコ足のように切れ込みを入れる方法もありますが、網(#状)の切れ込みのほうが崩れにくく、出来上がりの見た目が綺麗になります。

 

そして油で揚げます。油をたっぷりと吸わせることで、ナスにうま味が行き渡ります。

なお、唐揚げなどを揚げたあとの「臭い移り」がした油を使うと、肉や味付けのコクも一緒に吸うため、びっくりするほどのうま味が生まれます。

 

そして仕上げに煮込んで浸してゆけば完成です!

 

 

ナスの揚げ浸し まとめ

今回は、ナスの揚げ浸しの作り方をご紹介しました。

材料も少なくとても簡単で、それでいておかずやお酒のお供として堂々と並べられる1品です。揚げ物の後で作り置きとして作ったり、プラス一品したりするときにおすすめのレシピですので、ぜひ試してみて下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です